人によっては、ギャンブルがストレス解消の方法になっている場合があります。カジノ遊び、ポーカー、さらにオンラインギャンブルは、日本のアスリートがごく一般的に楽しんでいるギャンブルなのです。彼らにとっては、そうしたゲームをプレイすることがストレス解消になっているのです。 

アスリートでいるというのは簡単なことではありません。体と心全体を、自分が取り組んでいる競技に捧げなければならないのです。チームや日本の勝利が自分のパフォーマンス次第で決まることもあるからこそ、彼らは努力を重ねているのです。 

一部のアスリートにとって、ギャンブルはアルコールや薬物に依存している人と同じく、試合のために必要不可欠なものとなっている場合があります。彼らは信頼できるギャンブラーであり、ギャンブルは彼らの我慢強さを鍛え、試合で最高の結果を出すための準備を整えてくれます。 

ギャンブルがアスリートのパフォーマンスに影響する理由 

• ギャンブルでは負けはよくあることです。負けた時には過去のゲームの戦略を振り返り、次のゲームに向けて別のプランを練ります。スポーツの試合中に次のギャンブルゲームでどうやって勝つかを考えるのは集中を削ぐ行為であり、同時に自分を見失うことに繋がります。その結果ゲームに対する自信失われます。本来ギャンブルはストレス解消の場であるはずなので、これでは本末転倒です。  

• 桃田賢斗と田児賢一は2人とも優れたバドミントン選手で、ギャンブルをプレイします。情報元によると、彼らは日本各地でギャンブルを行い、1,000万円を失ったと報じられています。彼らはギャンブルで負けてもやる気を失わず、自分の競技で最善を尽くせるアスリートたちです。 

• ギャンブルで勝つのは困難です。ゲームに勝つには、運が必要です。ギャンブラーは、楽しさと対戦相手に勝つことを求めて実店舗やオンラインギャンブルします。一部のアスリートが違法薬物やアルコールではなくギャンブルをプレイするのには、このような理由もあります。研究によると、ギャンブルは違法薬物やアルコールの接種と同じ効果があるとされています。ギャンブルは「アドレナリンの急増」を促してエネルギーを高め、モチベーションを上げる効果があります。ギャンブルで大金を失うアスリートもいますが、ギャンブルは彼らの注意力とやる気を高めます。彼らは自国でギャンブルが違法だったとしてもギャンブルを続けるのです。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *